電池部材・素材の受託研究

エレクセル株式会社はお客様のニーズに応える
「問題解決の提案」、エレクセルのノウハウに基づいた
「技術コンサルティング」の両面から
お客様の研究開発のサポートをさせていただきます。

リチウム電池に関する受託研究【研究開発の特徴】

  • ・材料メーカー様、設備メーカー様が、 どのような観点で自社材料の技術的優位性をアピールしたいかについて十分に討議し、 その優位性を見出すための試作条件、評価条件を提案します。
  • ・評価結果の考察に基づいて、お客様の研究開発に有益な提案を行います。
  • ・用途に応じた様々な形状・様々な特性のプロトタイプ電池を1個からでも製造いたします。
  • ・電極塗工技術や充実した電池評価設備によるリチウム電池の幅広い設計開発を行います。
  • ・設立当初からの各企業・公的機関による共同研究・委託研究の実績が豊富です。
  • ・NEDOプロジェクト「次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発/要素技術開発」に採択。
  • ・経産省「電池駆動船舶を用いた若狭三方五湖における実証モデル事兼」に採択。
  • ・ NEDOプロジェクト「応用・実用化先端技術開発事業リチウムイオン電池応用技術開発」に採択。

電池材料関連受託試験内容

  • ・正極、負極材料・電池評価 (塗料物性・初期特性など)
  • ・ポリマー電解質評価 (初期特性・安全性評価)
  • ・セパレータ評価(初期特性・安全性評価)
  • ・バインダー材料の評価(塗料物性・初期特性など)

電池試験項目例

  • ・容量測定
  • ・レート特性
  • ・出力密度
  • ・サイクル特性
  • ・保存安定性
  • ・インピーダンス測定
  • ・その他の電気化学特性
受託の流れはこちら >>